『日本整顎協会』設立の趣旨
  
本協会を主催する当院は、「どこで診てもらったらいいかわからない」という全国の方からご相談を受けています。
実際に遠方から来院される方もいますが、私の院だけでは施術できる人数が限られてしまいます。

そこで、協会という組織を活用して、まずは私と同じように顎の施術ができる治療家の方を育成し、全国で『整顎』という療法を広めてほしいと考えたのです。
そうすれば、顎の不具合でお悩みの方は、通院するのに便利な場所で治療を受けることができます。

将来、全国に『整顎』という療法が広まり、顎の不具合でお悩みの方に救いの手を差し伸べられることを願っています。
 
  『日本整顎協会』からのごあいさつ
  
 
  『日本整顎協会』の目標
  

まずは、セルフエクササイズを広めることを目指しています。
セルフエクササイズとは、体に不調のある方が自分1人で行なうことのできるエクササイズで、顎の緊張を緩める効果があるものです。それを継続することにより、体の不調の改善につながります。
そのインストラクターを育成し、顎を含め、患者様に手を触れない範囲でエクササイズを指導できる体制を整えたいと考えています。

インストラクターは原則として、基礎医学や解剖学を学んだ、治療従事者の方にお願いしたいのですが、歯科医師のなかにも骨格や姿勢、噛み合わせに対する意識が高い方が多くいらっしゃるので、場合によっては歯科医師にも活用していただけるのではないでしょうか。また、基礎医学について十分な研修を受けていただくことを前提にして、トレーナー、ヨガインストラクターなどにも門戸を広げていくことも考えています。
 

セルフエクササイズは、ヨガなどのように、指導を受ける方々がインストラクターを見て、それと同じ動きを行なう、というグループ形式で進めます。または、院内においては、インストラクターと患者様が1対1になり、インストラクターが指導したエクササイズを患者様が自宅で行なう、という形式になります。
顎の症状が軽度の患者様のなかには、セルフエクササイズを行なうだけで症状が改善する方もいらっしゃいます。
 

さらに深く整顎に携わりたいという治療従事者の方には、『整顎師』(整顎のインストラクター)を認定するための研修を受けていただき、実際に手で触れて整顎できるようにしていきたいと考えています。

また、歯科医師のなかで、整顎と歯科治療との関係にメリットを感じられる方がいらっしゃれば、整顎師と提携して治療を行なっていただきたいです。

なお、セルフエクササイズだけでは症状の改善が見られない方には、整顎師や歯科医師にご相談いただき、実際に整顎の施術を受けていただきたいと考えています。

顎に不具合のある方が多いこと、整顎によって体調が改善するという事実を、セルフエクササイズのインストラクター、『整顎師』の育成を行なうことにより、治療家の方、歯科医師に実感していただけるよう、精力的に活動してまいります。
そして『整顎』の概念が世間に広く知られ、体の不調でお悩みの方を1人でも多く救えれば幸いです。